京・老舗 岡重岡重スタッフブログ

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雪の結晶柄の染帯 | main | 贈り物に。 >>
# 12月の京都
12月13日は事始めの日。
花街や室町などの旧家、芸舞妓はお師匠さんやお世話になった
お茶屋さんなどに挨拶に出かける日でもあります。

京都市上京区上七軒近くにある北野天満宮で、12月13日から授与(500円)
される「大福梅」。

お正月の元旦には、大福茶に梅と〆昆布を入れていただくのが、生まれた時
からの習慣です。風邪を引かないように、1年が過ごせます様にと、恒例行事。

梅は、大小と個数も微妙に違いますが、これくらいの量が入ってます。

12月13日〜なくなり次第終了。
(毎年終い天神の12月25日では完全に無くなります)
天神さんの(北野天満宮のことを京都の人は天神さんと言います)の、
終い天神は、15万人の人のすごいヒトで賑わいます

東寺の終い弘法は12月21日。

京都南座の顔見世興行や煤払いや供養など、京都の社寺では色々な行事が
あって無事に新しい年を迎えるのです。

気忙しい12月の年の暮れですが、そんな京都に是非おこしやす。

本日のblog担当は、webshop店長でした




| comments(0) | - | 11:34 | category: 徒然 |
コメント
コメントする









Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links

pagetopへ戻る